NPO法人多言語広場CELULAS 本文へジャンプ
ホーム
セルラスの目指す世界
セルラスの多言語活動
☆具体的には何をしてるの?
☆オリジナルCD&ストーリーブック
青少年育成事業
☆青少年サマーキャンプ
☆リーダーズトレーニングキャンプ
☆青少年韓国ホームステイ交流
☆青少年海外ホームステイ交流
☆高校留学
多言語・多文化共生事業
☆1day trip program
☆家族・社会人ホームステイ交流
☆ホームビジット・ホームステイ受入れ
☆小中学校での国際理解授業
☆国際交流基金インドネシアレポート
会員の声
会員になるには
講演会スケジュール 
お問い合わせ
リンク
多言語広場 CELULAS 本部事務局
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1  
       ニューステートメナー1038
TEL:03-5333-8202 FAX:03-5333-8203

関西事務所
〒553-0007
大阪府大阪市福島区大開1-10-10
TEL・FAX:06-7493-7931

ONE DAY TRIP PROGRAM

セルラス会員・一般会員対象
 〜来日間もない留学生と一日ペアになって過ごし、親交を深めます〜


日本に来た留学生たちは、日本で暮らしていながらも、日本人と会話する機会がほとんどないという声をよく聞きます。セルラスでは、日本の文化や日本人に触れることで、日本を好きになって欲しいと願い、「ワンデイ トリップ プログラム」という交流企画を実施しています。
休日の一日を、会員と留学生がペアになって、散策や食事など街歩きを楽しんだり、ホームビジットに招いたりして、交流します。ホームステイに比べて気楽さがあり、誰でも参加しやすいプログラムです。
また、全員でいっしょにピクニックに出かけたり、「防災館」等に行き防災体験をするなどの場合もあります。


2015年10月25日(日) 東京散策


風は少し強めでしたが、秋晴れの日曜日。 前回に引き続き、東京日本語教育センター、イーストウエスト日本語学校の留学生、8カ国1地域、42名が参加してくれました。
  東京日本語教育センターのホールをお借りしての対面式は、みんなドキドキ。 家族ごとに手作りのウェルカムサインボードで留学生を迎えました。
その後はそれぞれ上野や浅草、その他東京散策を楽しんだり、横浜などへ足を延ばしたり、
またホームビジットで家に招いたペアもあり、楽しい一日を過ごしました。
  今回も双方から「楽しかった」「また参加したい」「これからも連絡取り合いたい」という感想を
たくさんいただきました。
これからも、お互いに楽しく身近にできる社会貢献の一つとして続けていきたいプログラムです。




              <<参加ファミリーの声>>

山本ファミリー@世田谷区在住 

初めてのワンプロで我が家に来てくれることになったのはモンゴルの19才の女の子、 エンマーでした。まず「モンゴル」という国のことをほとんど知らなかった私たち家族は、 国のこと、食文化や宗教など地図を広げて調べることから始まりました。

 

彼女の希望が、一緒にお料理をしたいということだったので、お稲荷さんとお好み焼きを作ることにしました。 エンマーは、いなりやその味付けの材料、ご飯の具に入っていたレンコン、お好み焼きにすって入れたやまいも等が不思議だったようで興味津々でした。

 

たくさん質問をしてくれましたが、普段普通に使っている食材でも、それがどのようにできているかなど、言葉で伝えるのはとっても難しかったです。そして、私たちからも、つぎからつぎへと質問攻めをしてしまいましたが、彼女がいろいろな例えや、イメージ、表現をして伝えようとしてくれる姿がとても印象に残りました。 (連想ゲームの様な場面が何度もありました。)

 

その後、夕方に行った東京タワーで、着物を着た日本髪のお人形の話から、七五三の話になり、その意味を伝えるのに家族で必死になりました。 彼女が、日本の文化にとっても興味を持ってくれていたのに私自身無知なことも多く、 もっと自分の国のことを勉強したいなあと思った一日でした。



エンマーさん@モンゴル



今日は本当に楽しかった。
一緒に料理を作ったり、いろいろなことをしゃべったりよかった。
まず、とてもおいしい料理を作りながら、日本のいろいろなこと授たくれた。
次に女体育大学へ行って、ダンスコンテストを見た。
ダンスが大好私にとって、とても面白くて、楽かった。
それで、行きたいなとおもっていた、東京タワーへ行ったので、嬉しい。
一緒に一日過ごして家族のようにいった皆さん本当にありがとうございます。

(原文のまま)
                               

これまでの実績

2004年にスタートし、1年に2〜3回開催。

昨年2015年までに46カ国500人以上の留学生が参加しました。

BACK